Trip&Coffeex2について

ごあいさつ

このたびは「Trip&Coffeex2」をご訪問いただき、ありがとうございます。Yoka(ヨーカ)と申します。当ブログでは国内外の旅行記を中心に、日々のエッセイ等を綴っております。誰かがちょっとひと休みしたい時、たとえばコーヒーを淹れた昼下がりに、このブログがもしも読み物としてお役に立てたら…。そして、1杯目だけでなく、2杯目のコーヒーまでも私のエッセイがご一緒させてもらえるように…。そんな希望をこめて、ブログのタイトルを選びました。私も文章を書きながら、いつもコーヒーをおかわりしています。

メニューの「TRAVEL」には当ブログのメインコンテンツである旅行記を、「LIFE」ではその他のエッセイを綴っています。その合間に時々、旅に役立つ情報を「INFO」として紹介しています。どうぞ、ゆうるりとご覧いただければ幸いでございます。

自己紹介

大阪生まれ。趣味は旅行と散歩、ビールを飲むこと、文章を書くこと。学生時代はイギリス文学に心惹かれ、作家の小説世界に思いを巡らしながら研究にいそしみました。修士課程を経て地方の商社に就職しましたが、キャリアを思い描くことができず退職。学生の頃に文学研究をしながら自然と心が充足感で満たされていた、その記憶を頼りに旅行エッセイを書き始め、「Trip&Coffeex2」をオープンすることに致しました。旅行で訪れた土地の風のにおい、水の手ざわりまでお届けできたら。そんな気持ちで綴っております。

「Yoka」は、本名をロシア風にもじったものです。ロシアでは多くの場合、女性の名前は「あ行」の音で終わります。そして親しい友人同士では、しばしば短い愛称で呼び合います。たとえば「エカテリーナ」は「カーチャ」、「アナスタジア」は「ナージャ」という風に。以前サンクトペテルブルクの友人宅を訪ねた際、彼女のお母さんが私のことを「ヨーカ」とロシア風に呼んでくれたのが、嬉しくて印象に残っていました。まるでロシアの名前をもらうことで、ロシアの人たちの仲間入りができたような気がして。それで、旅行エッセイを書き始める時、彼女のお母さんにもらったロシア風の名前を使うことにしました。

「暮らすように旅すること」

旅行に目覚めたのはずいぶん最近のことで、初めて海外に一人で出かけたのは2015年の秋。26歳の時のことです。会社の有給奨励制度の一環で2週間近く休暇をとることになり、それならばと思い立ち、以前より思いを馳せていたアルプスの山々で散歩をするためスイスを旅しました。翌年の夏には憧れのシベリア鉄道に乗り、2か月かけてウラジオストクからイギリスまでぶらぶらと歩き回りながら、「暮らすように旅すること」の魅力にだんだんと取り憑かれていきました。予算は、できる限り日本での生活費の範囲に収める。宿はなるべく安くて安全なところを。食事もなるべく自炊する。呼吸をするように、日常の延長で旅を楽しむことが理想です。

お問合わせ

ご意見・ご感想につきましては各記事のコメント欄のほか、当ブログのContactページよりご連絡いただければ幸いです。直接メールをいただく場合は、trip.coffeex2@gmail.comまでお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする