小さな伊豆諸島の楽園・式根島の行き方と遊び方

東京の離島が連なる伊豆諸島。静岡県・伊豆半島の南洋に、大小さまざまの島々が約650kmにわたって連なっている。さて伊豆諸島といえば、最初に思い浮かべるのはどの島だろう?本州に最も近い大島、それとも青い海で名高い八丈島?

今回取り上げるのはそのどちらでもない、伊豆の有人島の中でも比較的小さな「式根島」。コンパクトだけれど、十分にステイを楽しめる魅力的なところです。というわけで、ご紹介いたします、式根島。

スポンサーリンク

伊豆のリトルアイランド・式根島はどんな島?

伊豆諸島の中で人の定住している島は9つある。式根島は中でもコンパクトな島のひとつで、島の外周約12km、面積約3.8平方km、そして人口は約500人。お隣さんである新島の南西約3kmのところにちょこんと浮かんでいて、上空からその小さな島を見下ろすとその形はどこか北海道に似ている。伊豆諸島の多くの島々がそうであるように火山活動によって生まれた島で、特徴的なのはそのリアス式の海岸線。入り組んだ入り江がそこここにあり、魚たちのささやかな楽園となっている。

式根島での遊び方

離島が魅力的な場所になり得る理由を挙げるなら、そのひとつにはしばしば海と山が身近であることが挙げられるだろう。もちろんその限りではないが、式根島でも都市の喧騒から隔絶され、守られてきた自然環境を活かしたアクティビティを楽しめる。

海で遊ぶ

青く輝く海は式根島の宝物。港を除けばそのほとんどをぐるりと絶壁に囲まれた式根島にも、いくつかの美しいビーチがある。中でも人気は泊海水浴場。島の北側にある扇状に広がるビーチでその透明度は抜群。「日本の水浴場88選」にも選ばれたことがあるという。小さな入り江のため外海の波が入りにくく、いつも透き通った波が穏やかに打ち寄せている。ぜひシュノーケルを持参して、岩場をのぞき込んでみよう。

温泉に入る

火山島である式根島は温泉もその見どころのひとつ。入り組んだ岩がちな地形が続く島の南側に、まさに天然温泉という呼び方がぴったりのワイルドな温泉が3つある。混浴のため水着は必須だが、中には鉄分が多くお湯が赤茶色のところがあるため、水着の色は染まりにくい「黒」をおすすめする。

森を散歩する

島の西側に広がる森の中には散歩道が張り巡らされている。時には獣の通りそうな細い道を、エキゾチックな気配を漂わせる植物をかき分けながら進むこともある。何時間も歩かなければならないような道はないけれど、それはなかなか冒険心をかきたてられるもの。本州とは一味違う植物の様子を眺めながらハイキングを楽しんでみよう。

展望台にのぼる

島随一の絶景スポットが神引(かんびき)展望台。尾根の頂上にある展望台で、そのすぐふもとまでは車か自転車で訪れることができる。そこから眺める島の森林はさながら緑の絨毯のよう。そして足元にはそそり立つ断崖絶壁と、濃紺に透き通った美しい入り江を見下ろす。

星空を見上げる

伊豆の島々を訪れるのなら、晴れた夜に星を見に行こう。式根島も美しい星空を見られることで有名です。夜になったらお宿を抜け出し、街灯のない場所まで出れば頭上には満天の星が広がる。あなたの式根旅が好天に恵まれますように。

釣る

式根島は知る人ぞ知る釣りの聖地。島の南を流れる黒潮が多様な魚を運んでくる。海岸線のあちこちに伊豆近海の魚を狙える釣り場があり、一年を通じて釣ることができるのはゴマサバやマダイなど。アカイカは式根名物として有名だし、しばしば高級魚とされるタカベや、カンパチ、イシダイ、ムロアジなど…。釣り好きならばきっと丸一日でも足りない。それから釣りの情報は島の釣具店「宮房釣具店」へ。釣り竿のレンタルもできます。

島内の移動は車か自転車で

式根島は小さな島なので、全島踏破は決して不可能ではない。ただし火山島である式根島は海面から突き出した山のようなもの。アップダウンが多いため、どこへでも徒歩で向かおうとするとけっこう大変。なので自転車か車を島でレンタルするのがよいでしょう。

おすすめはがぜん、電動アシスト自転車

島内には観光客向けのレンタサイクルのお店がけっこうある。だからお宿周辺のお店をあらかじめ見つけておこう。たとえばキャンプをするとか(式根島にはキャンプ場もある)、あまりにも荷物が多いのでなければ、坂道もぐいぐい登ってくれる電動アシスト自転車が大変便利。式根観光の三種の神器を挙げるなら、電動アシスト自転車はまずはずせない。つまりそれくらい便利ということです。

式根島での食事とお宿

食事の計画をたてる上で気を付けたいのが、式根島には通年営業している飲食店がかなり限られているということ。夏のハイシーズンしか営業していないお店が多いので、どうしても島の飲み屋さんで食事がしたければあらかじめお店の営業時期を確認しておくとよい。

式根島のお弁当

飲食店が少ないからこそなのか、島にあるいくつかの商店は腕によりをかけたお弁当を売り出している。しかもそのどれもがけっこうおいしい。海に、山に、釣りに、お弁当をどこかで買って出かけるのがとてもおすすめ。式根島に泊まるなら、きっと一度はこのお弁当をいただくことになるだろう。ぜひマイベストワンを見つけてください。

お宿でいただく

一泊二食付きのお宿であればもちろん心強い。島で釣れた魚をふるまってくれるお宿もある。ただそうでなくても居心地のいい素敵なお宿が式根島にはたくさんある。商店で買い物をしておいて、夜には遊び疲れた体を部屋でのんびり休めながら、お弁当を食べ比べるのも楽しみ方のひとつである。

式根島への行き方

東京もしくは下田から

式根島には緊急用ヘリポート以外に空港はなく、そのため主な手段としてはフェリーで島へ渡ることになる。本州からは東京の竹芝桟橋から大型客船と高速船が運航しているほか、伊豆半島の下田からもフェリーが発着している。

新島から

お隣さん、新島は目と鼻の先にある。そのため一日3便の連絡船「にしき」が両島間を運行しており、気軽に行き来することができる。式根島に来るとお向かいの新島もとても素敵に見えてくる。なのでスケジュールが許すのであれば、新島に渡ってみるのもいいだろう。

こんなプランがおすすめ・式根島

伊豆諸島に魅力的な島々は数多くあるけれど、こんな時はぜひ式根島へ。

土日を利用した週末トリップ

そのコンパクトさゆえ、週末だけでもそこそこ楽しめるのが式根島のいいところ。もし東京都内に住んでいるなら、金曜の仕事終わりに竹芝桟橋に移動して夜行フェリーに飛び乗ろう。朝には式根島に到着するので土曜日は丸一日を島でのステイに充てられる。翌日の日曜、お昼間のジェット船に乗れば、東京まではたったの3時間。

新島に立ち寄るついでに式根島

連絡船「にしき」に乗れば、式根島と新島を気軽に往復できる。旅行日数をたくさん確保できるなら、主な滞在先を新島にしつつも中1日を式根島に充てたり、新島イン→式根島アウトというルートを組んだりすることもできる。もし時間が十分に確保できるなら、という前提にはなるが、断言しておく。式根島に行けば、新島にも行きたくなります。

可愛らしい島・式根島

小さい、小さいと連呼するようだけれど、その小ささゆえに式根島は親しみを覚える土地かもしれない。一日歩き回るだけでだいたいの見所はまわれるし、集落の雰囲気も把握できる。だからなんとなく、島内をひととおり歩き終える頃には島とちょっぴり「お近づき」になったような気がする。入り江や港で透明な海をのぞき込みながら、もう少し島にとどまってもいいかな、というような気持ちになってくる。伊豆の島々の個性もそれぞれだけれど、ほっこりと温かい気持ちになれるのが式根島。そして島を去る頃には、次はどの島へいこうかな、といつの間にやら新しい旅の計画を立てていることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。